而杏玩具店      がんばれ 東日本!

アクセスカウンタ

zoom RSS 新商品(S4)!

<<   作成日時 : 2011/03/28 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ハイドロ S4は設計の詰めが甘い箇所が何箇所も存在する。
船体側でも何箇所か有り、その一箇所がドライブシャフトのホルダ−部の設計だ。
 ご存知の様に、ガソリンと空気を混ぜて燃焼させれば、燃焼圧力で絶対に振動が発生する。
どの様な、内燃機関でもこの振動の発生は神の摂理で、振動がゼロになる事は無い、なので設計者は、どの様に振動を捌くかに腐心するのだ、S4は360度クランクなので、絶対にバランサ−が必要だ、それでも絶対に振動がゼロにならないし、共振点では、大きく振動する事になる、なので殆どのエンジンはエンジンダンパ−の上に搭載する。
で、その振動がクランクシャフト、ドライブシャフトそしてポンプ部にストレスを与えないように、ドライブシャフトは最初にカップリング部でカップリングダンパ−ゴムで振動を吸収、そしてバルクヘッドに装着されているドライブシャフトホルダ−で吸収されるのだ、(社外品でビレットホルダ−が存在するが、あれは改悪なのだ!)だが、S4のドライブシャフトホルダ−は船体側のドライブシャフトトンネルと結合しているのだ。
 その様に設計すると、ホルダ−の振動吸収率が低下して、エンジン振動、船体しなりがカップリングやドライブシャフトに過大なストレスとして襲ってくる、そして、船体側のドライブシャフトトンネルにも振動が伝わるし、その末端のランプ部にも振動が最終的に伝わる。
これらは、カップリング部やドライブシャフトの耐久性の低下となるし、又、ポンプ部のキャビテ−ションの原因にもなる、なので、ドラブシャフトトンネルをストレスから開放して、振動吸収率の高いカワサキ純正ホルダ−を装着出来るように、アルミカラ−を製作した。

 HSRM−019   シャフトホルダ−コンバ−ジョンカラ−   ¥3,800−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新商品(S4)! 而杏玩具店      がんばれ 東日本!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる